スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オナニー 第4話

熱が冷めないうちに書いていこう。
ちょっとBL臭
翔太郎「…ああでもしなきゃ勝てないんだよ…俺才能ないからさ」
照井「あんなやり方で戦ってたら、勝てたとしても、左のためにならないよ」
翔太郎「俺のためにって何だよ…」
照井「えっ…」
翔太郎「ドーパントを殺すしか意味のない俺に、何がためになるって言うんだ?」
照井「でも俺は…どうすれば左が幸せになれるかって」
翔太郎「だったらあんたが変身してよ!!シュラウドから聞いたわよ、あんた誰よりも才能あるんでしょ?私みたいな苦労をしなくても簡単にドーパントをやっつけられるんでしょ?俺の為に何かしようって言うんなら、まず俺と同じ立場になってみなさいよ。無理でしょ。当然だよね。ただの同情でアクセルやめらるわけないもんね?」
究極のダブルになれるくせに何もしないあんたの代わりに、俺がこんな目に遭ってるの。それを棚に上げて、知ったような事言わないで」
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。