スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法決闘者 ゆぎお☆マギカ

エタバのプロフィールに書きなぐったものそのまま映しただけ。
「転校生紹介しまーす。暁美さん入ってきてー」
「…はい」
「はーい、それじゃぁ自己紹介いってみよー」
「あ……ああああの…っ…私…
 暁美…ばくらです。
 どうか…よ、よろしくお願いします…」

城之内「俺の…ターン…」 
マリク「馬鹿な…神の攻撃を受けて立ってられるはず…」 
遊戯「彼の契約は癒しの祈りによるものだ、回復力は人一倍だよ」

遊戯「ひどいなぁ城之内君、パズル(ともだち)を投げ捨てるなんて」

ペガサス「公開なんてあるわけない」

アポリア「シンクロ召喚が破滅の運命を導くのなら…みんな死ぬしかないじゃない!」

羽蛾「そんなのあたしがウルガモス」

ユベル「本当の気持ちと向き合えますか」

三沢「もう誰にも頼られない」

ヘルカイザー「…あははっ、本当だぁ…その気になれば痛みなんて…」

ルチアーノ「ウザいやつにはウザい仲間がいるもんだねぇ、ヒャーッハハハ」

アテム「俺はいつでも見守ってるからな」

「あたしって、ほんとハガ」

ヴァーユ「僕と契約してアーマードウイングになってほしいんだ!」

M「心配すんなって。このクロウ様がこんなところでくたばるわけねぇだろ!」
龍亜「……あはは、なんでだろ…クロウのこと信じたいのに、嘘つきだなんて思いたくないのに…全然大丈夫だって気持ちになれない。」

海馬「滅びの(ティロ)・爆裂疾風弾(フィナーレ)」

遊戯「速攻魔法発動!《さやかちゃんの憂鬱(バーサーカー・ソウル)》」

「僕と契約して、シグナーと戦うゾンビ同然のデュエリストになってよ!」

鬼柳「どういう事だおい……俺死んでるじゃねえか!」

三沢「どういう事だおい……脱いでるじゃねえか!」

ハラルド「ソウルジェムが真っ黒!?これでは魔女を倒せない!!」

アポリア「奇跡も魔法も、あるんだよ」
(ドロー→グランエル)

ZONE「奇跡も魔法も、ないのです」

Z-ONE「貴方達はいつもそうですね。事実をありのままに伝えると、決まって同じ反応をする」

遊馬「俺は『貪欲な壺』を発動! 墓地に存在するズババガガガゴゴゴアチャチャゴギガをデッキに戻し、二枚ドロー!」 
鉄男「わけがわからないよ」



番外編
アラストール「君たちはいつもそうだね。事実をありのままに伝えると、決まって同じ反応をする」    
悠二「それじゃぁ俺たち、ゾンビにされたようなもんじゃないか!」

ユー「君たちはいつもそうだね。事実をありのままに伝えると、決まって同じ反応をする」    
歩「それじゃぁ俺たち、ゾンビにされたようなもんじゃないか!」
※ゾンビそのものです

上条「そうだまどか!てめぇは魔法少女になりたかったんだろ!絵本みたいに映画みたいに、 命を賭けてたった一人の女の子を守る、魔術師になりたかったんだろ!今ならまだ間に合うんだ!いい加減契約しようぜ、まどか!!」
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。