スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アキバ神社レポまとめ

この前ツイッターであげたものを見やすくまとめただけです。
ついにおかださんもガラケー族卒業したと聞いて焦燥感に狩られた僕は、この日急いでスマホ童貞を卒業しに行った。
その後、1420秋葉原到着。
そのまま初めてのお電話を神主さんへ

「今すぐ来れる巫女さんいますか?」
「はい居られますよ」

電話口で初めての利用である事、プレイ時間は60分希望である事を伝え、指定されたホテルへ向かう。
面倒な手続きは神主が電話でやってくれたので、私は部屋代2000円だけ払ったら鍵をもらい部屋へGO!
折り返し電話して部屋番号を伝えたら巫女さんが来るまで待機。

10分ほど待っているとノックの音が。
ドアを開けると巫女服姿のあずきちゃん登場。
ちょっと遊んでそうな感じがするけど、小柄でかわいらしいしレベル高い。
てか巫女服で移動なのね、まぁ秋葉原だから大丈夫そうだけど…

軽く挨拶をすると一言
「じゃぁまずシャワー浴びてくださいね」
ああ…俺だけシャワーか、本当にソフトサービスだけらしい。

綺麗な嬢に当たったので気合入れておにんにんをウォッシング!
ふるちんでベッドに上がると「オプションはどうする?」とリストを見せられる。
ざっと見たけど手コキがオプションになってたり拘束がなかったり、微妙にHPと違う模様。

「じゃぁまずビンタで」
「え」
「ビンタ一発」
「あの、私初めてなんですけど強さはどうしたら」
「思いっきりお願いします」
バチン!と頬に強烈な音
しかし抵抗があったためかそこまで力は入れられませんでした。
…もう少し強くてもいいな

次はしとさニキのリクエストで生乳揉み&吸いにチャレンジ!
服を脱がせて見ると汗でテカテカのオパーイがあらわに!
舐めてみるとちょっとソルティな味、しかしこれがたまらん
乳首を丁寧にしゃぶった後は乳房の塩分を残さず掬い取るように舐めまわします。
そして興奮のボルテージをあげた僕は少しだけわがままをお願いすることにしました。

「ねぇ…少しだけ上のところも舐めていいかな」
「んーいいよ」
出ました!許可でました!
僕はむしゃぶりつくようにあずきちゃんの鎖骨に口をつけます。
ぶっちゃけ味は変わりません!
でも鎖骨はそれ自体が女の子のエロスの塊なんです!
鎖骨をしゃぶると言う行為に必ず意味があるんです!

鎖骨を一生分堪能した僕は次のオプションに移ることにしました。
黒巫女杯2位の月菜君リクエストの顔面騎乗です。
あずきちゃんが膝立ちの体勢で軽く下着越しに性器を押し付けてくれます。
瞬間ブワッと広がるフェロモンの香りと圧迫感、気持ちいいです!すっごい気持ちいいです!
…しかし問題点がひとつあって、この体勢だとおにんにんがすごく切なくなるのです。
自分でシュッシュしてもいいのですが、今回はあえてもうひとつオプションをお願いしてもらうことにしました。

「あずきちゃん…この体勢のまま手コキできるかな?」

あずきちゃんは前後逆の姿勢のなると、膝立ちの状態からお尻で全体重を僕の顔に押し付ける形になります。
少し…苦しいです。
でも広がる甘い香りと見えないけど感触だけ伝わるローション手コキの快感が僕の脳神経を麻痺させてしまったようです… 窒息してもいい、しばらく僕は快感に身を任せる事にします。

何分この状態が続いたでしょうか…
顔の血流が止まりかけてしびれが出てきても快感が行為をやめさせてくれようとしません。
しかし手コキを続けていると股間の血流には限界が訪れたようです。
目の前にはパンツ以外のものは見えませんが、確かに下半身から溜め込んだタンパク質のほとばしりを感じます。

身体中を襲う急な脱力感、賢者モードと言うやつですね。
あずきちゃんも僕の奔流でどろどろになって手を洗いたいそうなので、ここで一旦休憩を入れることに。

一回出すと回復に時間がかかる人間なので、ぼくもゆっくりシャワーを浴びて、しばらくあずきちゃんと雑談します。
ミニスカ袴からのぞく生足がチラチラ可愛いのでタッチしようとすると「おさわりは別料金だからダメです」とたしなめ
んー残念

まだ息子の回復には時間がかかるようなので、次はオプションのおしっこ鑑賞を頼むことに。
ぶっかけとオナニー鑑賞もやりたかったけどさすがにサイフポイントが現界なのと、
意外にもあずきちゃんオナニー未経験でやり方もわからないしあんまり人には見せたくないらしい。

「普通におしっこするだけだけどいいの」
「いいよ、ともっとよく見えるように足広げて」

緊張してるのか出るのに時間がかかりましたが、やがてシャーっと静かな音を立てながら聖水が流れ落ちます。
緊張もあったかもしれないけど思ったより勢いはなかったです。
太もものラインから静かに流れ落ちる感じ

残り時間も少なくなってきたし、ラストは足コキをお願いしました。
あずきちゃん初めてのようでぎこちない動きでしたが、初々しいのでそれもありです。
竿を襲う手とはまた違う快感、踏みつけるようなタマタマの圧迫感はなかなかいいものです
しばらく続けてみましたが、やっぱりぎこちない動きなのでなかなか絶頂には至れません。
気持ちはいいのですがこのままでは息子も生殺しの状態になってしまいます。
なので僕は最後にもうひとつオプションを頼みました、手の平発射です。
最後を飾るのは長年支えてきてくれた僕のこの右腕でした。

しかし一回発射した後だからやっぱりなかなか絶頂には至れず…。
時間内には二発目発射は出来ませんでした。
仕方ないので15分延長×2回を使用しました。
あずきちゃんにもおっぱいとか見せてもらいながら、伊藤ライフばりに「がんばれがんばれ」してもらって、ようやくフィニッシュです。
若干水っぽいカルピスがあずきちゃんの手の中に溜まって行きます。
延長してよかったなと思えるなかなかの絶景です。

最終的に料金は、基本料金60分+延長料金15分×2+ビンタ+足コキ+手コキ+手の平発射+顔面騎乗+オシッコ鑑賞+生乳揉み吸いで合計2万8千円でした。
部屋代が延長料金含め4千円なので合計32kです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。