スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギコギコするクールビューティについて

PRでありながらホロ120円台で投売りされてたビューティさん…
いくらなんでも評価低すぎやしないかね?
と言うわけで少しだけ語ります
ギコギコするクールビューティー
4/黒/トーチャーズ/6000
[常]相手の手札が2枚以下しかない場合、このカードのパワーを+1000する。

噛み砕いて言えば後攻のときに7kになる効果の4コストゼクスです。
地味な効果ですが、7kと言う数字はウェアコアラやグラスエレファントなどの一部のゼクスを除き同コスト帯のゼクスでは超える事が出来ず、後攻でありながら5コスト帯のゼクスを先出ししてるのと同じ動きができます。

IGがヒットしない限り序盤では同コスト帯での殴りあいが続くゼクスにおいては、当然大型のゼクスを先に出したほうが有利になります。
先に5コスト級のゼクスを出すということは当然相手も5コストのゼクスを出すか、IGをヒットor3+2コストなどで2体のゼクスを展開しない限り殴り返すことが出来ません。
ハンドの少ない先攻に対してこの要求をするのは非常にいやらしく、相手の引きと構築しだいで攻守が入れ替わる
展開も少なくないです。

先攻後攻で強さが変わるから使いにくいと言う意見もありますが、先攻でも6kのパワーがあるのでアタッカーとしては十分強いです。
今4バニラ抜けてる構築多いですし、先出しするなら5k跳ね返すだけで十分プレッシャーになるので。
バニラが先攻でマウントを取りに行くカードだとしたら、ビューティは先攻後攻両方でマウントを取りに行く運用が出来るカードだと思います。

目に見えるアドを稼ぐような効果ではなく、文面で説明するよりデッキに入れて何回か試合で使うかしないと強さが伝わりにくいカードだと思うので気になるあなたはデッキに入れて試してみよう。
黒と4バニラ入ってるデッキならバニラの枠をビューティに変えるだけ!
それで弱いと言われても私は何も言わない。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。